引き分けでも2部降格の可能性があった最終節で、ビーレフェルト堂安律(22)が価値あるゴールを決めた。

1-0の後半27分、右サイドから味方とのパス交換でゴール前へ進入し、得意の左足で蹴り込んだ。1部残留を引き寄せる今季5点目に「すごく重要なゴール。うれしい」。オランダ1部PSVから今季ブンデスリーガに復帰したビーレフェルトに期限付きで加入。5得点はチーム最多タイだ。次は東京五輪。「いいフィーリングで日本に帰れる。まずは休んで大会に臨みたい」と気持ちを切り替えた。