サウジアラビア政府系ファンドが主体の共同事業体が買収したニューカッスルの新監督候補に、20年12月までドルトムントを率いたスイス人のルシアン・ファブレ氏(63)、前チェルシー監督のフランク・ランパード氏(43)の名前が挙がっていると、英テレグラフ紙が報じた。

現在のブルース監督はまもなく解任される見通し。ニューカッスルは17日のトットナム戦までには新監督を発表したい意向だという。

一方でニューカッスルは新オーナーのもと莫大(ばくだい)な資金力を得ており、現在他クラブを指揮している監督を招聘(しょうへい)する場合でも、違約金等の額を気にせずに済む。そのため時間をかけてじっくりと人選を行うのではという見方も出ている。