FW古橋亨梧(26)が所属するセルティック(スコットランド)はレバークーゼン(ドイツ)に2-3で敗れ、1次リーグ敗退が決まった。

古橋は先発出場し2得点に絡んだ。試合は前半16分、レバークーゼンがMFアンドリッヒの得点で先制。セルティックも前半40分、古橋がゴール前でクロスボールに飛び込んだ際、PKを獲得し、DFユラノビッチの得点で同点に追いつく。さらにセルティックは後半11分、古橋のラストパスを受けたFWジョタの得点で勝ち越し。しかし後半37分と42分に立て続けに失点し、1次リーグ敗退が決まった。