イングランド・リーグ杯準決勝第2戦が行われ、リバプールがポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ(25)の2ゴールで、アーセナルに2-0で勝利。2戦合計2-0で決勝進出を果たした。

リバプールの日本代表FW南野拓実(27)は後半18分から途中出場。アーセナルの同DF冨安健洋(23)はフル出場した。

右ふくらはぎを痛めていたアーセナル冨安は公式戦3戦ぶりに戦列復帰。だが前半19分の失点の場面ではジョタにドリブルで振り切られてゴールを決められるなど、悔しい敗戦となってしまった。アーセナルはこれで公式戦4戦勝ち星なし。

冨安はスカイスポーツの採点では両軍先発の中では最低タイの4点。「ふくらはぎのけがから戻り、さびついてしまったようだ。ジョタの先制点の場面ではいとも簡単に抜かれ、中央への切り込みを許した。その後も苦しみ、後半にはジョーンズへのファウルでイエローカードをもらった」という寸評だった。

南野の採点は5点だった。