プレミアリーグは22日(日本時間23日午前0時キックオフ)の最終節で首位マンチェスター・シティーと2位リバプールによる熾烈(しれつ)な優勝争いが決着する。1月には勝ち点10以上の差があったが、リバプールが年明けから18戦無敗(15勝3分け)と猛追して1差まで迫った。国内カップ戦で2冠を達成したリバプールは、本拠地でウルバーハンプトンに勝てば逆転優勝の望みがつながる。決勝に進んだ欧州CLと合わせて4冠の可能性も残す。

一方、マンチェスターCは3季前も最終節で勝ってリバプールを勝ち点1差で振り切った。就任6季目で4度目のリーグ制覇を狙うグアルディオラ監督は、アストンビラとの一戦に「ホームで自力で決められるのは大きい」と自信を示す。アストンビラを率いるのが現役時代リバプールの英雄だったジェラード監督で、勝てば古巣への強力な援護となる。