ハダースフィールドの中山雄太はアウェーのノリッジ戦にフル出場した。

前節に中山の得点などで今季初勝利を挙げたチームは1-2で敗れ、1勝3敗となった。

開幕から不振のハダースフィールドにおいて、3バックの左で先発した中山の存在感が際立った。「僕自身はまだまだだと思う。結果に結びつけないといけない」と負けを悔やんだが、好パスで攻撃の起点となり、後半3分に味方DFが退場すると4バックの左センターバックに入り対人守備でも強さを示した。

前半に好位置でFKを得た場面ではサポーターから「雄太」コールが起き、キッカーを任された。左足シュートはGKに防がれ2戦連発はならなかったが、早くも周囲の信頼を勝ち取ったDFは「手応えは感じているが、もっとやらなきゃいけない部分もある」と向上心を口にした。(共同)