スコットランド・サッカー協会は28日、ヘディングを繰り返す練習を週1回以下に制限し、試合前日と翌日は一切禁止とする指針を発表した。プロクラブも対象に含まれ、アンケートでは監督やコーチの70%、選手の64%以上が賛成したという。

元選手がアルツハイマー病などを患うリスクが高いとする英グラスゴー大の研究結果を受け、2020年には欧州連盟(UEFA)などがユース年代のヘディング練習を制限する指針を設けた。

スコットランド・プレミアリーグのセルティックには、ワールドカップ(W杯)日本代表の前田大然らが所属している。(共同)