サッカーの元ブラジル代表で「王様」と称される82歳のペレ氏が入院したと30日、家族がインスタグラムで報告した。緊急事態ではないもよう。

ESPNによると、がんの治療を受けているという。同氏は昨年9月に大腸腫瘍で手術を受けて以降、治療のため定期的に入退院を繰り返している。