女子日本代表なでしこジャパン(FIFAランキング8位)が北朝鮮(同9位)を2-1で退け、パリ五輪(オリンピック)出場権を獲得した。

試合後の会見で、北朝鮮のリ・ユイル監督が韓国メディアの質問に対する回答を拒否する場面があった。

韓国メディアからの質問後に、監督は手を挙げて司会者の方を向き、朝鮮語で何やら訴えた。通訳者が「神経を逆なでするような媒体ということで今の質問にはお答えできません」と訳し、日本メディアからの質問に移った。

試合については「両チームとも全力を尽くして大変素晴らしい内容だった。勝利を収めることはできず残念ではありますけど、試合を通じて日本と北朝鮮のサッカーがさらに発展するきっかけになる者と思います」と振り返った。

【動画】北朝鮮が1点を返す なでしこの一瞬の隙を突く

なでしこ、パリ五輪切符を獲得!負ければ終わりのアジア最終予選で北朝鮮を破る/ライブ詳細