ベルギー1部リールスの日本代表GK川島永嗣(28)が12日、プロモーション契約を結んでいるサマンサタバサ社と協力し、チャリティーサッカーイベントを行った。都内のフットサル場で約250人が参加。女性や子どもたちを中心に、PKやリフティング対決を行った。トークショーでは、給食好きが興じて高校時代に、卒業した中学校に給食を食べに行った話が飛び出すなど盛況だった。

 チャリティーオークションでは、川島がこの日着用していた「汗だくTシャツ」が急きょ出展され、16万円で女性が落札。「汗でベチャベチャなのに恐縮ですよ」と川島は苦笑いしていた。

 午後からは障害のある子どもたちとのサッカーイベント『ユニバーサル・フットボール・ジャム』にも参加。「セパタクローの日本代表など、いろいろな競技の人にも来てもらって楽しい触れ合いができた」と川島は喜んだ。