日体大の渡辺正昭駅伝監督(55)によるパワハラで部員が退部したと写真週刊誌「フライデー」で報じられたことを受け、関東学連の日隈広至副会長が7日、川崎市内で報道陣に対応した。

日体大側から報道に関しては、報告を受けたが、まだ事実関係については確認中という。関東学連は今後、確認を求める文書を日体大側へ渡し、「早急に」と回答を求めるという。今後の対応については「報告を受けてから、検討して判断したい」と話した。

報道によると、練習についていけなくなった選手に対し、車から「ひき殺すぞ」との罵声を浴びせ、また脱水症状になった選手を助けようとした選手には「余計なことをするな」と蹴りを入れたなどの行為に及んだという。渡辺監督は過去に豊川工高(愛知)を指導していた時にも体罰問題で処分を受けている。

日体大は今年1月の箱根駅伝で4位。箱根駅伝には70年連続で出場している。