写真週刊誌「フライデー」でパワハラが報じられた日体大陸上部の渡辺正昭駅伝監督(55)が報道を受け、自宅待機していることが7日、判明した。

日刊スポーツの書面での取材に、日体大が回答した。聞き取り調査中の期間は、自宅での待機となるという。現在、日体大の駅伝部の選抜チームは長野・菅平高原で合宿中だが、アスレティックデパートメント医科学サポートスタッフアスレティックトレーナー駅伝担当の山木俊彦氏が指導しているという。

フライデーの報道によると、練習についていけなくなった選手に対し、車から「ひき殺すぞ」との罵声を浴びせ、また脱水症状になった選手を助けようとした選手には「余計なことをするな」と蹴りを入れたなどの行為に及んだという。渡辺監督は過去に豊川工高(愛知)を指導していた時にも体罰問題で処分を受けている。

日体大は報道について「聞き取り調査を行っているところ」としている。

日体大は今年1月の箱根駅伝で4位。箱根駅伝には70年連続で出場し、過去10度の総合優勝を誇る。