写真週刊誌「フライデー」にパワハラを報じられた日体大陸上部の渡辺正昭駅伝監督(55)について、7日、同大が書面での質問に回答した。過去に大学側へ渡辺監督によるパワハラの被害が寄せられたことはないとした。

大学側は3日に横山順一部長から報告の文書を受け、現在は関係者から聞き取り調査中。また渡辺監督本人への聞き取り調査は今後、早急に行うという。

フライデーの報道によると、故障した選手に「アイツ障害者じゃないのか」と口にし、また練習についていけなくなった選手に対しては、車から「ひき殺すぞ」との罵声を浴びせ、そればかりか、脱水症状になった選手を助けようとした選手には「余計なことをするな」と蹴りを入れるなどの行為に及んだという。渡辺監督は過去に豊川工高(愛知)を指導していた時にも体罰問題で処分を受けている。

日体大は報道について「聞き取り調査を行っているところ」としている。事実を確認後、規定に基づき、審議を行う。

日体大は今年1月の箱根駅伝で4位。箱根駅伝には70年連続で出場し、過去10度の総合優勝を誇る。