国際陸連が設置した独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は8日、2017年東京マラソンで優勝した女子のサラ・チェプチルチル(ケニア)に禁止薬物の使用が見つかったため、暫定的な資格停止処分を科すと発表した。