陸上の室内大会が8日、米アーカンソー州フェイエットビルで行われ、男子60メートル決勝でフロリダ大のサニブラウン・ハキームは6秒73の6位だった。

サニブラウンは1本目こそスタートも良く6秒70で決勝進出を決めたが、決勝では課題のスタートで出遅れた。6秒73とタイムを落として6位に終わり「走りはまずまず。まだシーズンの序盤なんで」と、さばさばとした表情だった。

オフのトレーニングが実っているためか、体が一回り大きくなった印象を受ける。米国合宿中でこの大会に参加した多田も「前よりも大きく感じる」と成長を感じていた。