男子3000メートル障害で塩尻和也(富士通)が3位に入り、今大会の日本勢で初のメダルを手にした。

昨夏のジャカルタ・アジア大会に続く銅メダル。世界選手権の参加標準記録に届かなかった悔しさも感じつつ「タイムはともかく、3位という結果を取れたことは素直に良かった」とほおを緩めた。

今春に順大を卒業して富士通入り。社会人初のレースで好結果を残した2016年リオデジャネイロオリンピック(五輪)代表は「しっかり調整して臨めた」と笑みを見せた。