男子走り高跳びの戸辺直人は決勝進出。

2月に日本記録を樹立した戸辺は2メートル16で1度失敗し「時差ぼけの影響か体が少し重かった」と苦笑。強い風にも戸惑ったそうで「世界選手権を見据えてしっかり慣れておかないと」と話した。

冬に室内大会で好結果を積み重ね、屋外での活躍を期待される。中1日で迎える決勝へ「しっかり準備したい」と気を引き締めた。