米フロリダ大のサニブラウン・ハキームが100メートル予選で全体トップとなる10秒10をマークし、11日(日本時間12日朝)の決勝に進んだ。9~10月の世界選手権(ドーハ)の参加標準記録に到達した。

鋭い加速で先頭に立つと、スピードを緩めずに駆け抜けた。競技後は広報を通じ「いつかは(参加標準記録を)出せると思っていたし、気にしていなかった。決勝ではしっかりと勝ちたい」とのコメントを出した。11日は200メートル決勝にも臨む。