陸上男子100メートルで9秒98の前日本記録を持つ桐生祥秀(23=日本生命)が5日、成田空港発の航空機で欧州遠征に出発した。

男子100メートルはルツェルン国際(9日)、ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会(20日)と出場予定。「まだまだ日本記録を更新しないといけない。速いぞというところを見せたい」と闘志を燃やした。

ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の男子400メートルリレー(21日)ではサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)と初めて実戦のリレーで共演が実現する見込み。「ライバルでありますけど、チームメートになったら心強い。バトンを直接つなぐかは分からないが、きちんとバトン練習をしたい」と話した。昨年の大会は2位だったが、優勝した17年世界選手権金メダルの英国に0秒48と大きな差を付けられた。「勝ったら、いい心の持ちようになる。狙っていきたい」。秋の世界選手権(ドーハ)、20年東京オリンピック(五輪)に弾みの付く結果を残したい。

東京五輪の舞台となる新国立競技場は大会後もトラックが存続する方向になった。桐生は「後にも残っていて欲しい。年を取った時、『あそこで走ったんだよ』と言いたい。今から聖地を作っていきたい」と話した。【上田悠太】