中野円花(28=ノーリツ)は先頭に大差をつけられても、粘り強く走った。

最終的に11位でフィニッシュし「スタート前は不安がいっぱいあったが、ゴールできて良かった」と心境を吐露した。

深夜でも暑さは和らぐことなく、完走40人に対し途中棄権が28人と続出した。中野もレース後は座り込んだままなかなか立ち上がれず、取材対応を一部回避。「今までで一番過酷なレースだった」とダメージが色濃く残っていた。(共同)