男子100メートルの小池祐貴は号砲前に隣の選手の腕が動いたのが見えたという。フライングかと雑念が入り「思い切り出られなかった」。序盤に迫力を欠くとその後も本来の伸びが見られず、10秒28と平凡なタイムにとどまった。「いつもだったら気にならないけど。何とも言えない」と、初出場の世界選手権に自然体では臨めなかった。

7月に9秒98をマークするなど急成長を遂げたが、「結果を出さないといけない時に出さないと意味がない」と不完全燃焼を悔いた。

得意の200メートルにもエントリーしているが「体の状態を見て(400メートル)リレーとの兼ね合いで判断しようと思う」と歯切れが悪かった。(共同)