シカゴマラソンは13日、シカゴで行われ、女子のブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の世界新記録で優勝した。

従来の記録は2003年にポーラ・ラドクリフ(英国)がつくった2時間15分25秒で、16年ぶりに更新した。

25歳のコスゲイは昨年大会を2時間18分35秒、今年4月のロンドン・マラソンを2時間18分20秒の自己ベストで制していた。

男子はローレンス・チェロノ(ケニア)が2時間5分45秒で制した。前回大会覇者のモハメド・ファラー(英国)は2時間9分58秒で8位だった。日本勢は大石港与(トヨタ自動車)が13位となったのが最高。(共同)