女子(5区間12キロ)は六ツ美北(愛知)が41分43秒、男子(6区間18キロ)は市貝(栃木)が57分23秒で、それぞれ初優勝を果たした。

六ツ美北は3区の鈴村が区間1位の好走で4位からトップに立ち、4区以降も堅実な走りを見せた。25秒差の2位に七尾(石川)、3位には浅川(福岡)が入った。

市貝は安定したレース運びで上位を守り、首位でたすきを受けたアンカーの横田が粘りの走りで逃げ切った。2位は9秒差の我孫子(千葉)、3位は昨年優勝の桂(京都)だった。(共同)