第96回箱根駅伝の区間エントリーが29日に決まった。

4人まで認められる補欠との入れ替えが、大きな鍵を握る。青学大の原監督が「『戦国駅伝』と言われるが、私には『戦術駅伝』」と語っているように、各チームの「戦術」から目が離せない。総合連覇を狙う東海大は8区に前回区間記録を塗り替えた小松陽平を再び起用。山登り5区には前回区間2位の西田壮志、2区には初出場となる塩沢稀夕を配置。主将の館沢亨次、阪口竜平はレース当日に交代可能な補欠で登録した。2年ぶり優勝を狙う青学大は前回10区で区間2位の鈴木塁人主将を3区に据え、前回9区トップだった吉田圭太は補欠で控える。