陸上長距離界で男女マラソンの世界記録更新など好タイムが続出した米スポーツ用品大手ナイキの「厚底」靴を巡り、世界陸上競技連盟(世界陸連)が新規則で禁止するとされた問題で、英紙ガーディアン電子版は29日、世界陸連は全面的な禁止を見送る方針だと伝えた。

同紙によると、世界陸連は31日に見解を表明する予定。東京オリンピック(五輪)後までの「新たな靴の技術の一時的な停止」や、同社の「ヴェイパーフライ」シリーズと他社製品の性能を比較する調査の立ち上げを発表する見込みだという。

世界陸連は規定を厳格化する方針。将来的には新たな靴を大会で使用する前に企業側が試作品を提出し、世界陸連の承認が必要になるとしている。(共同)