東京マラソンの主催者は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月1日に行われる今年の大会で、中国在住のランナーに参加の自粛を呼び掛けると発表した。

対象は1820人で国籍は問わない。また出場資格を持ちながら出なかった中国在住ランナーに対しては、来年の大会の出場権を与え、参加料を免除することも明らかにした。