日本陸連が、国立競技場で5月10日に開催予定だったセイコー・ゴールデングランプリを延期する方針であることが27日、関係者の話で分かった。

新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し、海外選手の来日が難しいことに加え、春の大会の中止や延期が相次いでいる現状を踏まえた。代替日程は未定。

セイコー・ゴールデングランプリは、世界陸連が新設した「コンチネンタル(大陸)ツアー」の最高位「ゴールド」の大会の1つで、現行の最高峰ダイヤモンドリーグ(DL)に次ぐ格付け。

日本陸連は6月下旬予定の日本選手権を含め、今後の競技会日程の見直しを検討している。(共同)