来年3月7日に開催予定の東京マラソンで、チャリティー枠のランナー募集を行わないと6月30日、大会を主催する財団が発表した。

新型コロナウイルスの影響で今年の大会に参加できなかった一般ランナーの出走権を2021年大会、22年大会に移行したため。文書決議による理事会で決めた。来年の大会の一般ランナーは、今年の大会からの移行者も含め、今年と同じ3万8000人を定員とする予定。具体的な実施内容は、今後のウイルスの感染状況などを考慮し、8月中に検討する。