男子3000メートル障害で16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)覇者のコンセスラス・キプルト(25=ケニア)が新型コロナウイルスの検査で陽性となり、14日のダイヤモンドリーグ今季第1戦(モナコ)を欠場することになった。9日、ロイター通信が報じた。

自身のインスタグラムに「症状はなく、状態は良かった。世界記録を狙っていた」とつづった。キプルトは17、19年の世界選手権も優勝している。