新型コロナウイルスの影響で延期や中止が相次いでいたが、今季の開幕戦が行われ、男子5000メートルは23歳のジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)が12分35秒36の世界新記録で優勝した。

ケネニサ・ベケレ(エチオピア)の記録を16年ぶりに1秒99塗り替えた。

DLは4月に開幕する予定だったが、コロナ禍で日程を大幅に変更した。

男子200メートル(追い風0・7メートル)はノア・ライルズ(米国)が19秒76で快勝。400メートル障害はカルステン・ワーホルム(ノルウェー)が47秒10で制し、棒高跳びはアルマント・デュプランティス(スウェーデン)が6メートル00で勝った。女子5000メートルはヘレン・オビリ(ケニア)が14分22秒12で制した。(共同)