陸上の日本選手権混成競技最終日は27日、長野市営陸上競技場で行われ、男子10種競技は中村明彦(29=スズキ)が7739点で3年ぶり3度目の優勝を果たした。前半6位だった日本記録保持者の右代啓祐(国士舘ク)は55点差の2位。

女子7種競技は山崎有紀(25=スズキ)が5799点で3連覇。2位の大玉華鈴(日体大)に400点以上の大差。前半首位だったヘンプヒル恵(アトレ)は右膝を負傷し、4705点の14位。