陸上男子20キロ競歩で東京オリンピック(五輪)代表の池田向希(東洋大)が25日、千葉県印西市で行われた記録会の5000メートル競歩で18分20秒14の日本新記録を樹立した。同50キロ代表の川野将虎(東洋大)は18分28秒26で3位となった。

これまでの記録は9月の全日本実業団対抗選手権で東京五輪20キロ代表の山西利和(愛知製鋼)が出した18分34秒88。(共同)