陸上男子短距離のサニブラウン・ハキームらのマネジメント会社「UDN SPORTS」は20日、契約選手が母校の在校生や職員にマスクを寄付すると発表した。

昨年から行っている活動の一環で6選手が参加。サニブラウンは「このような支援の輪が広がっていくことを祈っています」、スポーツクライミング男子の楢崎智亜(TEAM au)は「自分にできることから積極的に取り組みたい」とコメントした。