世界陸連は1日、組織的なドーピング問題で資格停止処分を科しているロシア陸連を巡り、資格回復に向けた改革計画を承認したと発表した。作業部会が同国陸連や専門家と協議してまとめた。この日の期限に遅れた場合は総会で除名処分を諮る可能性があった。

潔白を証明した上限10人の同国選手に個人資格で東京オリンピック(五輪)や主要大会参加を認めるかどうかの判断は17、18日の理事会で議論することも明らかにした。(共同)