陸上男子1万メートルの東京オリンピック(五輪)代表で日本記録を持つ相沢晃(23=旭化成)が8日、オンラインで取材に応じ、5000メートルでの五輪出場は狙わず1種目に絞って臨む意向を明らかにした。

「まだ2つを追う力はない。まずは1万メートルでしっかり結果を残せたら。入賞を目指したい」と目標を語った。5月4日の「ゴールデンゲームズinのべおか」の5000メートルに出る予定。昨年12月に27分18秒75の日本記録を出した1万メートル以来のレースとなる。