世界陸連は1日、モナコで年間表彰式を開き、最優秀選手の男子は今夏の東京五輪400メートル障害で、45秒94の驚異的な世界新記録で金メダルに輝いたカルステン・ワーホルム(ノルウェー)が受賞した。女子は東京五輪で短距離3冠を達成したエレーン・トンプソンヘラ(ジャマイカ)が選ばれた。

日本陸連が最終候補に残っていた会員連盟賞は、中米のコスタリカ陸連が選出された。(共同)