日本陸上競技連盟は12日、広島市平和記念公園前発着で23日に開催予定だった第27回全国都道府県対抗男子駅伝を、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、中止と発表した。中止は昨年に続いて2年連続。

広島県が9日からコロナ対応の改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の対象地域になり、主催者側が対応を協議していた。オンラインで取材に応じた日本陸連の風間明専務理事は「全国から訪れる選手団や広島の地元の皆さまへの安全対策について、緊急な判断をしなくてはいけない状況。中止をご理解いただきたい」と説明した。

昨年は全国都道府県対抗女子駅伝(京都)も男子と同じく中止されたが、今年は16日に京都市のたけびしスタジアム京都発着で開催される。都道府県対抗駅伝は男女とも、中学生から社会人までの混合チームが参加。男子は7区間48キロ、女子は9区間42・195キロのコースで争われる。