女子三段跳びは高良彩花(筑波大)が12メートル93で初優勝し、4連覇した走り幅跳びとの2冠を達成した。

男子400メートル障害予選は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が51秒27をマークして1組1着となり、22日の決勝に進出。同ハンマー投げは福田翔大(日大)が69メートル88の大会新記録で3連覇を果たした。女子やり投げは1年生の村上碧海(日体大)が56メートル30で制した。(共同)