第2戦が行われ、男子110メートル障害は昨夏の東京オリンピック(五輪)金メダリストのハンスル・パーチメント(ジャマイカ)が今季の世界最速となる13秒09で制した。

女子の400メートル障害は東京五輪銀メダルのダリラ・ムハンマド(米国)が54秒54で優勝。800メートルはキーリー・ホジキンソン、1500メートルはローラ・ミュアと、ともに東京五輪の銀メダリストの英国勢が勝った。(共同)