女子やり投げで7月の世界選手権銅メダルの北口榛花(JAL)は62メートル37をマークして2位だった。

DL3連勝の快挙はならなかったが、年間上位選手で争う9月のファイナル(チューリヒ)進出を決めた。

世界選手権2連覇のケルシーリー・バーバー(オーストラリア)が64メートル50で制した。(共同)