女子1500メートル(タイムレース)は7月の世界選手権代表の田中希実(豊田自動織機)が4分10秒41の大会新記録で優勝した。同代表の卜部蘭(積水化学)は11位、5000メートルの日本記録を持つ広中璃梨佳(日本郵政グループ)は18位。

男子走り幅跳び予選では、同110メートル障害日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が7メートル70を跳び、全体1位で24日の決勝に進んだ。(共同)