世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット(AIU)」は3月の東京マラソンで女子2位に入ったツェハイ・ゲメチュ(エチオピア)に、暫定的な資格停止処分を科したと11月30日に発表した。禁止物質や禁止方法の使用疑いがある。ゲメチュが東京で記録した2時間16分56秒は世界歴代9位。(共同)