女子中長距離の田中希実(24=ニューバランス)が8分36秒03で8位入賞を果たした。自身の室内日本記録(8分45秒64)を更新し、室内のアジア新記録を樹立した。

2月26日の出国時には「順位は気にせず、格上の選手に食らいつきたい」と意気込んでいた。田中は今夏のパリオリンピック(五輪)で1500メートル、5000メートルの2種目での活躍を目指している。

優勝は大会記録となる8分20秒87をマークしたエリナー・ピュリエ(米国)だった。

田中希実、お尻+リズム感のミックス走法 世界室内は「格上の選手に食らいつきたい」