21年東京五輪6位入賞の大迫傑(32=ナイキ)が、今夏のパリ五輪男子マラソン代表に内定した。22年世界選手権代表の西山雄介(トヨタ自動車)が日本人トップの2時間6分31秒で9位と健闘したが、設定記録(2時間5分50秒)に41秒届かず。昨年10月のMGC3位だった大迫が男子3枠目に入り、マラソンでは2大会連続の代表となった。

   ◇   ◇   ◇

日本陸連強化委員会の高岡寿成シニアディレクターが、大迫の活躍を望んだ。出場を明言していないが「ルールとしては内定なので、走ってくれると思っている」と期待。代表では唯一の五輪経験者で「日本マラソン界を引っ張ってほしい」。東京五輪前に続いて2度目となったMGCでの代表選考については「タフなところで勝負した経験はパリにつながる」とし、意義があると強調した。

【東京マラソンライブ速報】はこちら>>