ドーピング違反で自転車のツール・ド・フランス7連覇のタイトルなどを剥奪され、永久追放となったランス・アームストロング氏(米国)の違反に関与した件で、所属チームの元監督、ヨハン・ブリュイネール氏が永久追放処分となったと24日、AP通信が報じた。

ブリュイネール氏は2014年に10年間の資格停止処分を受けたが、世界反ドーピング機関(WADA)がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に不服申し立てをしていた。同日、本人がツイッターで処分延長の裁定結果を公表した。