2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで各競技の運営責任者となる「スポーツマネジャー」の自転車担当として、元F1ドライバーの片山右京氏(55)が就任する方向で調整していることが25日、関係者への取材で分かった。

片山氏は全日本実業団自転車競技連盟理事長と日本自転車競技連盟理事を兼任。世界各地の自転車ロード種目に出場する「チーム右京」の代表なども務めている。登山家、冒険家としての活動も知られている。

スポーツマネジャーは大会を円滑に運営するため競技ごとに配置され、語学力や専門知識を生かして国際競技連盟や開催自治体との調整役となる。