男子ケイリンでワールドカップ(W杯)今季開幕戦優勝の脇本雄太は力を発揮できなかった。「準決勝は特に悔いが残る。前が遠かった」と渋い表情。好位置につけられず、ほかの選手がバランスを崩した影響も受けて決勝進出を逃した。

世界トップ級の実力を警戒されマークが厳しく、展開に苦しんだ。「今までは挑戦者だったが、今回は挑まれる立場というか、自分のレースをさせてもらえなかった。今後に生かして五輪のメダルにつなげたい」と話した。