山岳ステージが始まり、主にアシストとしての役割を担ってきた31歳のチェーザレ・ベネデッティ(イタリア=ボーラ・ハンスグローエ)がプロ初勝利を挙げた。

逃げ集団にいたベネデッティは、ゴール前数百メートルでけん制し合っていた先頭の3人に追いつき、5人でのスプリント勝負をゴール直前で差して勝利を手にした。2位はダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)、3位はエドワード・ダンバー(チームイネオス)が入った。

前日まで総合首位のバレリオ・コンティ(UAEチーム・エミレーツ)は10分37秒遅れの44位でゴール。マリア・ローザを25秒遅れの6位でゴールした同チームのヤン・ポランツ(スロベニア)に明け渡し、4分51秒遅れの3位に後退した。2位は4分7秒遅れでプリモジュ・ログリッチ(スロベニア=ユンボ・ヴィスマ)。

初山翔(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)は21分38秒遅れの155位で、総合は1時間54分4秒遅れの159位。

なお、この日、スプリンターのカレブ・ユアン(オーストラリア=ロット・スーダル)、エリア・ビビアーニ(イタリア=ドゥクーニンク・クイックステップ)がリタイアした。