イルヌール・ザカリン(ロシア=チームカチューシャ・アルペシン)が頂上ゴールの第13ステージを独走で制し、グランツール3勝目を挙げた。

逃げ集団にいたザカリンが残り5キロを過ぎたところでアタック。3キロを切ったところでミケル・ニエベ(スペイン=ミッチェルトン・スコット)に追いつかれたが、再び引き離し2位ニエベに35秒差をつける独走でフィニッシュラインを通過した。ザカリンは15年ジロ・デ・イタリア、16年ツール・ド・フランスに続くグランツールのステージ3勝目。

3位にはミケル・ランダ(スペイン=モビスター)が1分20秒遅れで入った。

総合首位のヤン・ポランツ(スロベニア=UAEチーム・エミレーツ)は4分39秒遅れの15位でゴールしマリア・ローザを守った。2位は2分25秒遅れでプリモジュ・ログリッチ(スロベニア=ユンボ・ヴィスマ)。2分56秒遅れの3位にザカリンが浮上した。

初山翔(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)は48分53秒遅れの140位で、総合は2時間38分18秒遅れの151位。