ナイロ・キンタナ(コロンビア=モビスター)がアルプス初日を独走で制し、区間通算3勝目を挙げた。

キンタナは最後のガリビエ峠の上りで5人の逃げ集団からアタックして抜け出し、そのまま逃げきった。1分35秒遅れの2位にロマン・バルデ(フランス=AG2R・ラモンディアル)、2分28秒遅れの3位にアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン=アスタナ)。

ジュリアン・アラフィリップ(フランス=ドゥクーニンク・クイックステップ)は5分18秒遅れのメイン集団の14位でゴールし総合首位を守った。4分46秒遅れの8位でゴールしたエガン・ベルナル(コロンビア=イネオス)が1分30秒遅れの総合2位に浮上。ゲライント・トーマス(英国=イネオス)は1分35秒遅れの総合3位に後退した。